スピンモスキート

最近はめっきりフィギュア製作のことばかり。バトスピやりたい!お金無い!!

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    スマホ→何買えばいいかわかんない 

    最近の傾向では30代以降の方は男女問わず、「スマホが欲しいけど何買えば良いかわからない」という方が多いような気がします。

    確かにデザインはどれも基本的には同じ(側面、背面、ホームボタンくらいしか違いがありませんしww)。
    プリインストールされている機能こそ差はあるものの、今は何万とあるアプリから自分に合った機能をチョイスする時代。
    これではどのスマホを選んだら良いかわからなくなるのは当然です。
    そんな中でも購入の決め手になるであろうポイントをいくつか紹介していきます。

    スマホは大きく、本当に大きく分類して2種類あります。
    ずばり、iPhonか否か。
    相当ざっくりしてますが、ここが大きな分かれ目になります。

    ・画面状態
     →iPhonはアプリ(各種機能)のみを表示させるシンプルな構成になっています。その他のスマホはというと画面上に大表示の時計や、ニュース情報、検索入力フォームなどアプリ以外にも様々な情報が表示されています。すべて活用するという方は問題ないのですが、かねこの様にシンプルな画面で操作性を優先させたいという方には少々煩わしく感じるかもしれません。
    また、設定画面に関してもiPhonはある程度、明快な表示に(個人でいじる必要のある項目がそんなに多くないです)なっていますが、他機種では「項目A→項目B→項目C→項目D」の様にかなり深く掘り進まないと目的の項目に辿り着けないことが多いです。これはガラパゴス携帯と呼ばれた旧携帯電話の名残で、昔はそこまで項目が多くなかったのでこの手法で事足りましたが、現在の複雑かつ多種に渡る項目を管理するには役不足だと思います。


    ・アプリ
     →アプリのDL元が異なるため、iPhonを使っていた方がその他のスマホに持ち替えた場合、アプリ&iTunesでDLしたすべての内容を引き継ぐことができません。その逆も然りです。アプリであれば、それぞれのOSに対応したバージョンが公開されている事もあるかと思いますが(有料アプリはもう一度購入する必要があるかもしれません)、コンテンツ(動画、楽曲)は互換性がないので諦めなければなりません。

    ・バックアップ
     →ご存知の通り、iPhonはiTunes&icloudというバックアップ体制を取っています。PCとインターネット上にバックアップを取るものだと考えてください。他機種はというとmicroSDカード&アプリを使用してサーバ上に保存するものが主流。どちらも一丁一雄といったところですが、簡単なのはiPhon(一度設定すればPCに接続するだけで保存可能&wifi環境があれば自動でicloudがバックアップを実行)、設備いらずなのは他機種(PC&wifi環境がなくてもバックアップ可能)と覚えれば問題ないはずです。
     
    ・防水
     →iPhonや一部の機種はバッテリーパックが完全内蔵型になっている分、他機種より幾分か防水に優れています。メーカー公表値ではありませんが、余分に内部を晒す心配がない分、耐水性が上がるのは当然といえば当然。ちなみに以前使っていたiPhon4はゲリラ豪雨でずぶ濡れになっても余裕でした。特に主婦の方は"子供がいたずらした"水仕事中にうっかり"ということが多い傾向にあります。
     
    ・バッテリー
     →これはほぼすべての方が気にする項目だと思いますが、実はみなさんが思っている程、スマホのバッテリー容量は少なくありません。アプリゲームにネット閲覧、動画視聴、音楽鑑賞と使用頻度が激増したことにより、使用量に見合った分のバッテリーが消費されているだけに過ぎないのです。1日中携帯をいじってるような方でない限り、数日程度は普通に持ちます。また、バッテリー容量の表記ですが、200~300程度の差なら"気持ち変わる程度"です。大容量を売りにしている機種は通常の倍近い容量を備えているので、本当にバッテリー容量が欲しい方はそういう機種をオススメします。(その分重量&厚みも増しますがww)
    最近ではIGZOという最新技術も登場しています。画面操作が行われない間は省電力での稼働を実現するため、動画、音楽がメインの方には効果的だと思います。

    ・データ保存ストレージ
     →単純に言えば端末のどこにデータを保存しているか。
      iPhonはもちろん端末本体。外部に移行することはできません。他機種はmicroSDカード搭載のものがほとんど。本体から取り出して別の機種に使用することができる場合があります。しかし、本体保存容量はiphonの1/10程度。本体にしか保存できないアプリをDLすると端末動作が重くなり、最悪の場合、フリーズが頻発しアプリを削除しなくてはならない場合があります。

    ・ストラップをつけられるか否か
     →そのまんまですww。iphonは専用のカバーを使わなければ付けられません

    ・保証(有料)
     →正直、内容は大差ないです。しかし、iphonは途中(およそ2年間)で保証を解約することができません。また、携帯ショップでは直接対応してもらえず、「このお店で対応してもらってください」と支持を受ける形になっています。そういう面で見れば、少し劣っていると言えるかもしれません。しかしながら大宮の対応部署がある店舗に持ち込めば、その場で新品交換してもらえることもあるため、近場に対応部署がある方はiphonのほうが良いかもしれません。

    さて、"いくつか"といいつつガッツリ書き込みましたが、次でラスト、それは特殊機能です。
    iphonはあくまでシンプルが売りですので、OSのバージョンは変わってもiphon=この機能!といった代名詞の様な機能はありません。
    多機種ではお財布ケータイや、ワンセグなどもそうですが、端末毎に"手をかざすだけで操作できる"デジカメ並みのカメラ機能"など固有の機能を持ったものが多々あります。こればっかりはメーカー、機種毎にすべて異なっているため、iphonとそれ以外の機種とで区別したわけです。逆に言えばiPhon以外の端末は今まで列挙した項目にほとんど差がありません。特殊機能、画面の大きさが決めてとなるわけです。

    結論を述べるとすれば、
    ・iphon
     →あくまでシンプル。特筆した機能こそないが、安定性&使いやすさに定評。スマホ初心者でも扱いやすい。

    ・その他機種
     →メーカーは同じでも端末毎に特殊機能、操作性が異なり、独自のユーザーインターフェースも相まって、トリッキーそのもの。この機能が欲しい、個性を主張したい、という方にオススメ。設定、操作方法を覚えるのにはそれなりの根気が必要。

    補足になりますが、店頭デモ機を操作するならフリックやゲームをして遊ぶよりも設定画面をいじった方が端末が自分に合ってるかわかると思います。過去、ショップでバイトをしていたとき、「設定画面の操作性が気に食わないから別の端末に変えてくれ」といったお客さんが来店したことがあるのですが、100%対応不可能です。後悔しないためにも是非、設定画面の操作は試してください。

    といったところでしょうか。
    かねこのオススメは断然iPhonなんで少しiPhon贔屓の説明になったかもしれませんが、大体こんな感じです。

    *3日間にわたってスマホについて記述しましたが、傾向や端末情報は実際にショップ店員に聞いたり、独自に調べた情報になります。技術は常に進歩していますのであくまでも参考程度に考えていただければと思います。
    ( 2013/03/16 17:33 ) Category 雑記 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    FC2カウンター
    Get Together! Access!!
    プロフィール

    かねこ

    Author:かねこ

    カレンダー(月別)
    05 ≪│2017/06│≫ 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。