スピンモスキート

最近はめっきりフィギュア製作のことばかり。バトスピやりたい!お金無い!!

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    第26話「人間と魔族のはざまで」 

    バトスピ バトルスピリッツ レビュー 感想

    先週ラストにあった、人間と魔族のDNAがほぼ一致する話から始まります。
    衝撃の事実に人類軍面子も驚きを隠せない様子。
    まあ、一部を除いてとても人間には見えないので無理もありません。

    特にユースは憎んでいた相手と同種だと知り、怒りと困惑をあらわにします。
    P3200144.jpg
    ユース「全然姿形が違うのに…あれは鬼ですよ!異界の怪物ですよ!!」
    何もそこまで言わなくても…

    その事実は半裸?全裸?のバローネにも知らされます。
    点滴されているのはバヤリースでしょうか?
    P3200145.jpg
    バローネ「フッ、笑えぬ冗談だ」
    ダンさんのマジ顔を目にし、笑顔が消えてしまいます。

    夕日にたそがれるバローネの元に夫婦が登場。
    ダン「体はもういいのか?」
    P3200148.jpg
    バローネ「この姿、どこが人間だ…」
    やはりバローねも動揺していたようです。

    どうやら遠い昔にグラン・ロロに入り込んだ人間が環境に適応した結果みたいですね。
    まゐ「多分、紫の世界に入ったんじゃないかって…」

    司令室。
    ゾルダー「だから、いちいち俺に相談するな!大したことでもねぇのに」
    P3200149.jpg
    かねこも同意見。
    今は世界が滅ぶかどうかと言う時。
    そんなことは後回しにして十二宮Xレアの収集を優先するべきだと思います。

    しかし、カザンさんが言うには一般人に混乱が生じてしまうとのこと。
    そういえば人類軍は政府の役割も担っていました。この事実を隠せば魔光殿の時のようになるのは目に見えています。

    とはいえ、この事実を知っているのは一部の研究員とソフィア号面子のみ。
    現状は機密扱いになるようです。


    しかし、ここで新たな問題。
    北極点が消失してしまった影響により、磁気が乱れ衛星が使用不能に。
    古代兵器を探す術を失ってしまいました。
    P3200150.jpg

    落胆する一同を他所に
    ゾルダー「プラスに考えようぜ、もし十二宮Xレアが揃っても神殿(兵器)が見つかんなきゃ、魔族だって何の手も打てねぇだろ?」
    P3200152.jpg
    どこまでも前向きですね。
    最近のゾルダーはどことなく"修造"を匂わせますww


    獄将サイド。
    ディレイド指示の元、各地の魔族にXレアを探すことを強要しています。
    ダンさんから奪った十二宮Xレアを見せびらかしご満悦のデュック。
    P3200153.jpg

    そして、例のごとくのキャラデザ…
    P3200154.jpg
    まだ見つかっていないという魔族に対し、ブチキレるデュック。
    デュック「見つけられぬ場合、地球と共に滅ぶがいい!!」
    そのルートで行くとデュックも滅びますね…

    バローネの苦悩を解き放つべく夜のビーチを散策する3人。
    トロピカルナイトモード突入!夜のビーチは激熱よ☆
    P3200157.jpg

    バトルの高みを見ることが出来るのは魔族だけだと思っていたバローネ。
    だからこそ人間であるダンさんに一目おいていたようです。
    バローネ「だが今、その高みから俺は堕落した。話が体の根源には人間がいる。自分より下に見ていた生き物がいるのだ!!」
    P3200158.jpg

    あまりの感情の高ぶりに封印していた顔芸が発動ww
    P3200159.jpg

    バローネ「この体、バラバラに引き裂きたいほどだ!!」
    言うなり、再び肉体美を披露。
    P3200160.jpg

    そんなバローネにダンさんはストライクジークを差し出し
    ダン「自分を傷つけるな、我が友と呼んだこいつが泣くぞ」
    P3200161.jpg
    ダン「俺はどう見える、まゐは、海は、月は、お前と初めて会ったこの場所はどう見える!」
    自分の中に人間があると知っても、目の前の世界はなんら変わらないと説くダンさん。

    その言葉にバローネも目覚めます。
    バローネ「変わらんな」
    ダン「見えるものが同じなら、今ここにいるのはバローネだ。俺達と同じ命だ!」
    P3200162.jpg


    秀ユーサイド。
    自分の動揺を秀人に打ち明けるユース。
    目に見えるものだけが世界のすべてではないという秀人。
    秀人「それを超えたとき、君の魔族への憎しみはどう変わるのか、僕は知りたいね」
    P3200164.jpg


    こちらは魔光殿。
    すでにディレイドが実権を握っています。
    クイーンたんことギルファムは形だけの頂点として君臨し、ソファに寝そべる日々。
    P3200155.jpg

    ディレイドはと言うとおひげをモシャモシャするのに忙しそうww
    P3200165.jpg

    フローラはいつバレるのかとヒヤヒヤの生活を送っているようです。
    P3200166.jpg

    P3200167.jpg
    それにしても、せっかくフローラが淹れた紅茶を捨てるとは許せん!
    そのひげ、二度とモシャれないようにしてやろうか!!

    その後フロ-ラはなぜかクイーンたんの元に呼ばれます。
    P3200169.jpg

    今日もクイーンたんはかわいい…なんて思っていると衝撃の事実が!!
    まずはこちらをご覧頂きたい。
    P3200170.jpg

    お気づきだろうか?
    ギルファムの頭部。
    なんとお団子を結っています!

    か、可愛すぎる…
    早くクイーンたんのバトルフォームが見たいです☆


    ザックさん。
    今日はシーンの移り変わりが多すぎる!!
    P3200171.jpg
    イザーズと名乗る新キャラがバローネ宛ての新カードを託します。
    これはまさか、十二宮Xなのでは!?


    自分達が人間と近しい存在であることをワンちゃんに伝えるバローネ。
    イオラス「こんな俺も人間なんですかね?」
    P3200172.jpg
    そしてバローネの衣服に注目。
    先ほど自分で裂いてしまったため、修繕したようです。
    こっちの方がカッコイイような気がします。

    ダンの元を訪れる秀ユー。
    ユース「あの、バトルするんですよね?俺相手します!」

    初めてユースがダンさんに敬語を使いました。
    ユースも着々と成長しているようです☆
    育て、もっと育て!!

    来週はまんまダンさんVSユース。
    突然クイーンたんの元に呼び出されたフローラが気になります。
    イザーズのカードは1ヶ月後くらいの登場ですかね?
    ( 2011/03/20 22:08 ) Category アニメ:バトスピブレイブ | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    FC2カウンター
    Get Together! Access!!
    プロフィール

    かねこ

    Author:かねこ

    カレンダー(月別)
    06 ≪│2017/07│≫ 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。