スピンモスキート

最近はめっきりフィギュア製作のことばかり。バトスピやりたい!お金無い!!

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    まどか☆マギカ 第9話「そんなの、あたしが許さない」 

    先週、魔女化してしまったさやか。
    杏子も結界に取り込まれてしまいます。
    杏子「何なんだ、てめぇ、さやかに何をしやがった!?」
    P3050032.jpg
    目の前の魔女がさやかだと認めたくない杏子の気持ちがセリフに現れています。
    抜け殻となったさやかの体を保護し、魔女(さやか)の攻撃をかわし続けていると
    P3050033.jpg

    ほむほむ「下がって…」
    魔女に爆弾を食らわせ、杏子に一時撤退を進言します。
    杏子と手をつなぎ、時を止めます。
    P3050034.jpg

    やはりほむほむの能力は触れている対象にも影響するタイプでした。
    そのまま結界を脱出します。
    さやかの手のプランx2っぷりがww
    P3050037.jpg

    しかし、魔女にすら影響する"THE-WORLD"とはまさに無敵の能力。
    そんな能力を持ってしても"ワルプルギスの夜"を止められないってことは、一定以上の魔力を持つ相手には効果が及ばないとか、そんな感じでしょうか?


    OPが明け、深夜の線路上をトボトボと歩くまどか。
    線路らめえぇえ!深夜でも巡回とか点検で車両通るから!!
    P3050038.jpg

    と思っていると向かい側から杏ほむが登場。この二人まで…
    これでは"線路上を歩くな"といっているかねこの方がおかしいみたいになってしまう…
    P3050039.jpg

    さやかに気付いたまどかが駆け寄ります。
    まどか「さやかちゃんはどうしたの!?」
    ほむほむ「彼女のソウルジェムはグリフシードに変化した後、魔女を産んで消滅したわ」

    さやか「うそよ、うそよね?ねぇ!」
    その場に泣き崩れるまどか。
    P3050042.jpg

    杏子、まどかの前にさやかを降ろしたかと思ったら
    杏子「てめぇは、何様のつもりだ!」
    クールスタイルを貫くほむほむに杏子がブチキレます。
    P3050045.jpg

    杏子「こいつはさやかの、さやかの親友なんだぞ…」
    そんな杏子を尻目にまどかに一言。
    ほむほむ「今度こそ、理解できたわよね?あなたが憧れていたものの正体」
    あくまでもまどかのためって訳ですね。

    ほむほむ「わざわざ死体を持ってきた以上扱いには気をつけてね」
    あとあと厄介なことになると言うほむほむに杏子も爆発寸前。
    杏子「てめぇ、それでも人間か!?」

    ほむほむ「もちろん違うわ…あなたもね」
    そう言い残し、その場を後にします。
    P3050047.jpg


    まどかatホーム。
    親友を失い、憧れが失望に変わり、憔悴しきったまどかの元にDeath-Devil(きゅうべえ)が現れます。
    キュウべえ「入っていいかい?話があるんだ」

    まどか「良い訳ないでしょ!?帰れ、悪魔!!」
    といきたいところですが今のまどかにそんな気力はありません。
    返事なし=OKとみたキュウべえは何食わぬ顔でぬいぐるみの群れに紛れ込みます。
    P3050050.jpg

    ほむほむの言っていたことの真偽を問うまどか。
    キュウべえは「訂正するほど間違ってはいない」と続けます。

    まどか「じゃあ、あなたはみんなを魔女にするために魔法少女に?」
    勘違いしないでほしいとキュウべえ。
    P3050051.jpg

    キュウべえ「すべてはこの宇宙の寿命を延ばすためにやっていることなんだ」
    エンプロなんちゃらという難しい例えを使い、説明を始めます。
    エプロン?円プロ??熱エネルギーの等価交換に関する専門用語らしいです。
    要するに、簡単に膨大なエネルギーを集めたいわけですね。

    キュウべえ「そうして見つけたのが魔法少女の魔力だよ」
    キュウべえ達の文明は知的生命体の"感情"をエネルギーに変換するための技術を開発したらしいのですが、自分達にはその"感情"がない。

    そして最も効率の良いのが人間の少女。
    人間の少女が魔法少女から魔女に変わる瞬間に膨大なエネルギーを生むらしく、それを集めるのがキュウべえの本当の目的。

    話がややこしくなってきたので整理します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ■キュウべえの正体は宇宙人
    ■"魔法"ではなくキュウべえ達の"科学力"
    ■自分達の都合で人間を利用(家畜扱い)
    ■魔女もキュウべえ達が生み出す
     正確には一旦魔法少女にして、さやかのように絶望まみれにして魔女化を促す
    ■魔女から人間を助ける気など元よりなかった
     むしろ"早く魔女になれよ"的な…
    ■目的としているのは魔女退治ではなく、魔法少女が使用し、穢れを溜め込んだソウルジェム
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    つまり、まどかを魔法少女にしようとしているのも、まどかが魔女化する際の強大なエネルギーが目的と言うわけです。
    ひどすぎる…もはやただの侵略行為。今すぐ某カエル軍曹を読んで侵略者の何たるかを学ぶべきです。


    場所を移し、ホテルの一室。
    自分の魔力を消費してまでさやか(死体)の腐敗を防ごうとする杏子。
    P3050055.jpg

    そんな健気な杏子の前にまたあの悪魔が…
    キュウべえ「そうまでして死体の鮮度を保って、一体どうするつもりだい?」

    さやかのソウルジェムを元に戻す方法をキュウべえに問いただします。
    キュウべえ「僕の知る限りでは無いね☆」
    よくも抜け抜けと!!

    しかし、"不可能ではないかも知れないが、自分は知らない"と続けるキュウべえ。
    杏子「いらねぇよ、誰が!てめぇの手助けなんか!!」
    やっぱり"食べっ娘"カワイイ。そしてアイス当たってるよ、杏子。ヤッタネ☆
    P3050056.jpg

    P3050058.jpg

    P3050059.jpg


    翌日ひとみちゃんと登校するまどか。
    そこに杏子から呼び出しがかかります。
    良く考えたらこの二人の直接的なやり取りは初。

    杏子「昨日の今日で、暢気に学校なんていってる場合かよ」
    P3050061.jpg

    親友であるまどかであれば魔女化したさやかの記憶を呼び戻せるかも知れないと考える杏子。
    杏子「あたしはね、本当に助けられないのかどうか、それを確かめるまであきらめたくない」

    もちろん、危険は伴いますがまどかに断る理由なんてありません。
    まどか「手伝う、手伝わせてほしい」
    P3050065.jpg

    まどか「わたし、鹿目まどか」
    杏子「たく、もう。調子狂うよな、ほんとww 佐倉杏子だ」
    P3050066.jpg

    P3050067.jpg
    杏子「よろしくね☆」
    やばい、今日の杏子はなにから何まで可愛すぎる。
    やめろ、やめてくれ。わたしは"ほむりすと"なんだ!分かってくれ杏子!!

    ↑バカは放って置くとして…
    一方ほむほむも"まどかレーダー"が反応し、学校を抜け出します。
    ほむほむ「すみません、気分が優れないので保健室へ」
    P3050068.jpg

    先生「では学級委員が付き添いに…」
    言うが先か及ぶが先か、さっさと退出するほむほむ。
    さすがほむほむ、他を寄せ付けない圧倒的クーデレ!!
    P3050069.jpg


    こちらは"さやか捜索隊"。
    ほむほむ分も補充し、もう惑わされないと意気込むかねこの前にまたしても試練が!
    団子、持ち方!!
    P3050071.jpg

    さやかの居場所を突き止めた杏子は颯爽変身!
    串を引き抜いて「っぷう」って感じがたまりません。
    そして真っ裸!へそ!!
    P3050072.jpg

    P3050073.jpg

    P3050075.jpg

    さていろんな意味で興奮は最高潮!
    さっきから「!」が止まりません!!!!!!!!!!!!!!

    二人はさやかの元に向かいます。
    さやかの結界は音楽をモチーフにしたもの。
    こんなところにまで、上條君への気持ちが溢れています。
    P3050078.jpg

    杏子の結界でまどかを守り、さやかに呼びかけ続ける作戦のようです。
    杏子「ひるむな、呼び続けろ!!」
    まどか「お願い、元のさやかちゃんにもどって!」
    P3050079.jpg

    P3050080.jpg

    P3050081.jpg

    しかし、まどかはともかく杏子はさやかの猛攻にさらされっぱなしです。
    こちらからは攻撃が出来ないこともあり、どんどん消耗していく杏子。
    杏子「へっ、いつぞやの仕返しかい?怒ってんだろ?何もかも許せないんだろ?」
    P3050082.jpg
       
    ついにはまどかにまで手を出そうとする魔女(さやか)。
    コレには杏子も黙っていません。
    P3050083.jpg

    P3050084.jpg

    そして地面が崩壊しNEXTステージへ。
    杏子「こんな人生だったんだ、せめて一度くらい、幸せな夢を見させてよ…」
    P3050086.jpg

    そこに現れるほむほむ。
    ちゃっかりまどかをキャッチです。
    P3050087.jpg


    ほむほむ「杏子、あなた…!?」
    杏子「よお、その子を頼んだよ。あたしのバカに付き合わせちまった」
    P3050088.jpg

    杏子「足手まといは連れて戦わない主義なんだろ?いいんだよ、それが正解さ。」
    まどかを連れて逃げるように言います。
    P3050091.jpg

    杏子「ただひとつだけ、守りたいものを最後まで守り通せばいい。なんだかな、あたしだって今まではずっとそうしてきたはずだったのに…」
    P3050092.jpg

    杏子「行きな、こいつはあたしが引き受ける!」
    と同時にすべての魔力を開放する杏子。
    杏子「心配すんなよ、さやか。一人ぼっちは寂しいもんな…」
    P3050095.jpg

    P3050096.jpg

    いいよ、一緒にいてやるよ、さやか…
    自らのソウルジェムを砕き、辺りを衝撃波が包み込みます。
    杏子さん、うわああぇぁぁぁん…
    くそ、キュウべえ!絶対許さん!!!
    P3050097.jpg

    P3050099.jpg

    P3050101.jpg


    戦闘シーンはここまで。
    さすがに落ち込みを隠せない様子のほむほむ。
    そこにまたしてもキュウべえが現れます。

    ほむほむ「佐倉杏子に、本当に美樹さやかを救う望みはあったの?」
    「そんなものあるわけが無い」と鼻で笑うキュウべえ。

    キュウべえ「これでもうワルプルギスの夜に立ち向かえる魔法少女は君だけだ」
    あえて"ワルプルギスの夜"への対抗手段を断ち、どうにかしてまどかを魔法少女にしようとするキュウべえ。
    もう、キュウべえのことをどう扱っていいのかわかりません…

    ほむほむ「やらせないわ、絶対に!!」
    P3050103.jpg

    とにかく杏子が可愛い回でした。
    それだけに脱落は残念。
    そして、まどか変身、ワルプルギス、まどほむの関係、キュウべえ討伐etcetc…
    まだまだイベントはあるというのに残り3話。
    1期は絶望パートで2期はGOODENDパートみたいな感じでしょうか?
    "龍騎"のように"全部なかった"ENDの可能性も出てきましたし…
    DVD限定収録だけは勘弁してほしいです。
    半年とか耐えられません!!

    次回予告はニトロプラスのなまくにATKさん。
    P3050104.jpg
    ( 2011/03/05 23:28 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    FC2カウンター
    Get Together! Access!!
    プロフィール

    かねこ

    Author:かねこ

    カレンダー(月別)
    04 ≪│2017/05│≫ 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。