スピンモスキート

最近はめっきりフィギュア製作のことばかり。バトスピやりたい!お金無い!!

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    まどか☆マギカ 第7話「本当の気持ちと向き合えますか?」 

    すみません、諸事情により更新が遅れてしまいました。
    完全に日付をまたいでしまっていますが、時間軸を正確にするために19日更新扱いにさせていただきます。


    すでに自分が人間ではないことを知ったさやか。
    どういうことか、とキュウべえを問い詰めます。
    前話から察するにさやかも既知のことと思ってたんですが、そうではなかったようです。
    P2190017.jpg

    キュウべえ「ぼくは魔法少女になってくれってきちんとお願いしたはずだよ?実際の姿がどういうものか、説明を
    省略したけれど…」

    聞かれなかったから教えなかった。あくまでも願いを叶えた上に戦いやすい体にしてあげた。
    だから、恨まれる謂れはないと突っぱねるキュウべえ。
    こうまで悪役に徹してくれると逆に清々しさすら感じます

    挙句の果てにさやかは戦闘を甘く考えていると説教を始め、
    キュウべえ「例えばおなかに槍が刺さった場合、肉体の痛覚がどれだけの刺激を受けるかって言うとね☆」
    P2190018.jpg

    さやかのソウルジェムに魔力を込め、痛みを再現するキュウべえ。
    かなり鬼畜…
    P2190020.jpg

    P2190021.jpg


    OPを挟み、まどほむサイド。
    さやかはショックのあまり、学校を休んでしまいます。
    ほむほむだけは魔法少女になることの本当のデメリットを把握していたようです。
    P2190022.jpg

    まどか「どうして教えてくれなかったの?」
    ほむほむ「前もって教えても、信じてくれた人は今まで一人もいなかったわ…」
    P2190023.jpg

    ソウルジェムの件は奇跡の対価だと説明を受けるまどかですが、納得いかない様子。
    かねこが思うに"何でも"願い事が叶うのだからそれ相応の事を願えば釣り合わないこともないような気がします。
    例えば、死んでしまった人間を生き返らせるとか。マミさん、COME BACK!!

    それに生活に支障を来たすわけでもなく、戦闘の手助けもしてくれる。
    この件に関してキュウべえばかりを悪者にするのはどうかと思います。
    まあ、説明を省いたのが問題になってるんでどっちとも言いがたいですね。

    ほむほむ「奇跡はね、本当なら人の命でさえあがなえるものではないのよ」
    キュウべえの行為に反感を抱きながらも理解はしている様子のほむほむ、素敵!
    P2190024.jpg

    未だ、さやかを救う方法を模索しているまどか。
    いい加減あきらめたらどないや?と少々あきれ気味のほむほむ。

    まどか「ほむらちゃん、どうしていつも冷たいの?」
    ほむほむ「そうね、きっともう人間じゃないから…かもね」
    P2190025.jpg 自分の体に起こった事実を知り、相当な落ち込み様をみせるさやか。
    心配しながら見ていると…杏子から通信がはいります。
    P2190026.jpg

    杏子「いつまでもしょぼくれてんじゃねぇぞ、ぼんくら」
    まさかの相手からの連絡にびっくりし、慌てて外を見渡すと
    P2190027.jpg

    P2190028.jpg
    ↑今日の杏子さん、可愛すぎ!!

    話があるといってさやかを呼び出します。
    普段のさやかなら軽くスルーしているところでしょうが失意のあまり応じてしまいます。

    またちょっかいをだされるんじゃないかと思われましたが、杏子の様子がいつもと違います。
    こころなしかやわらかい物腰の杏子。心境に何らかの変化があったようです。
    P2200030.jpg

    廃墟と化した協会に着くとおもむろに過去を語り始めます。
    と、その前にりんごでブレイクタイムでもとさやかにりんごを分け与える杏子。
    しかし、いつになくフレンドリーな杏子の気配りは文字通り振り払われてしいます。
    P2200031.jpg

    P2200032.jpg

    杏子「食いもんを粗末にするんじゃねぇ、殺すぞ…」
    P2200033.jpg

    P2200034.jpg

    いつもであれば一触即発ですが、今回ばかりは杏子もそんな気分にはなれない様子。
    そのまま回想に入ります。

    杏子「ここはね、あたしの親父の協会だった」




    新聞に掲載される世の中の不幸に対して真剣に悩むほど優しい父。
    そんな杏子の父は新しい信仰をはじめようとしていました。
    それなりに軌道に乗りかけていたのですが、次第に杏子パパの布教活動はエスカレートして行き、一人また一人と信者たちは去っていきます。
    布教活動のためにお金も底を突き、その日の食べ物にも困り果てる始末。
    P2200036.jpg

    見るに見かねた杏子はキュウべえと契約し願いを叶えてもらい、魔法少女になりました。
    「みんなが親父の話をまじめに聞いてくれますように」

    ここから杏子の戦いが始まります。
    しかし、これだけならただの"健気でパパ想いのな少女"で終わったはず。
    元の話で既に底辺なのにさらなる地獄が杏子を待っていました。

    ある日、杏子が魔法少女であることがパパにバレてしまいます。
    普通ならば自分のためにここまでした娘を涙ながらにハグする展開が待っているのでしょうが、なんてったって"まどか☆マギカ"!!

    あろうことかパパは杏子を魔女呼ばわりします。
    おまけに精神に以上をきたしてしまい、ついには一家無理心中まで決行。
    良かれと思ってした行為で全てを失った杏子…
    P2200038.jpg

    杏子「もう、二度と他人のために魔法を使ったりしない」

    なるほど、そういうことだったのか。
    全て杏子パパが悪いですね、どう見ても!!

    そんなこんなで自分と同じ思いを経験したさやかを諭そうとする杏子。
    杏子「あんたもあたしと同じ間違いから始まった。これ以上後悔するような生き方を続けるべきじゃない」
    さやかも今まで誤解していたと素直に詫びます。
    さやか「でもね、わたしは他人のために祈ったことを後悔してない」
    P2200039.jpg

    そして、さやかはりんごを正当な方法で入手したのか杏子に問います。
    答えあぐねる杏子。そんなりんごはもらってもうれしくないとさやかはその場を後にします。
    P2200040.jpg


    翌日どうにか登校するさやか。
    まどか、ひとみと合流します。
    P2200041.jpg

    途中、上條君を見かける一行。
    まだ完治とは行かないまでも登校できるまでに回復したようでなにより。
    P2200042.jpg

    声をかけるように促すまどかですが、さやかはそれを断ります。
    まだ多少の迷いは残っているようです。
    P2200043.jpg


    放課後、ひとみちゃんに呼び出されるさやか。
    嫌な予感がします。

    さやか「話って何?」
    ひとみ「恋の相談ですわ」
    P2200044.jpg

    唐突に上條君のことが好きだと打ち明けるひとみちゃん。
    予感的中!回避不能なバッドエンドフラグが立ってしまいました。
    何もさやかに打ち明けなくても…

    なんて思っていると
    ひとみ「さやかさんは上條君と幼馴染でしたわよね、本当にそれだけ?」
    P2200045.jpg

    本当の友達だからこそ、抜け駆けや横取りなんて真似はしたくないというひとみちゃん。
    考えあってのことだったんですね。

    明日の放課後、上條君に告白する。それまでにさやかにも気持ちの整理をつけてほしいと言い残し、ひとみちゃんはその場を後にします。


    時は過ぎ、見回りに出ようとするさやかをまたしてもまどかが待ち伏せ。
    いい加減にしろ、と言いたくなりますが、そこがまどかのいい所でもあります。
    P2200046.jpg

    まどか「さやかちゃんに一人ぼっちになってほしくないの」
    P2200047.jpg

    ひとみを助けなければよかったと一瞬思ってしまった自分が情けないと泣き出してしまうさやか。
    こればっかりはさやかに責任はありません。だって人間だもの。
    P2200048.jpg

    さやか「ひとみに恭介をとられちゃうよ、でも私なにもできない。だって私、もう死んでるんだもん。ゾンビだもん…」
    さやかが不憫でなりません。一応死んではいないとは思いますが野暮なことは言いっこなしです。
    P2200049.jpg

    ようやく落ち着きをとり戻し、魔女退治に向かうさやか達。
    そんなさやかを心配そうに見守る杏子。
    なんだかんだいってさやかのことが心配なんですね。
    P2200050.jpg

    一方さやかは思いのほか苦戦している様子。
    やはり今の精神状態で戦うのは無理があったようです。
    P2200052.jpg

    たまらず杏子が助けに入ります。
    なんていい子なんでしょう。支持率うなぎのぼりです☆
    P2200053.jpg

    さやか「邪魔しないで、一人でやれるわ…」
    声にドスが入り危険な雰囲気のさやか。

    魔女の攻撃を避けようともしません。そのまま魔女を張った押し、メッタ斬り。
    かなりの深手を負っているようですが、大丈夫でしょうか?
    P2200054.jpg

    さやか「本当だ、その気になれば痛みなんて…フフッ…アハッ」
    これはかなり危険な状態です。
    まさしく精神崩壊一歩手前。まどか、ほら出番だよ!!
    P2200055.jpg

    画面が暗転し
    まどか「やめて、もうやめて…」



    7話はここまで。
    劇的な展開が多かったですね。
    さやかの件は少し強引な運びのような気がしました。
    魔女化のフラグなんでしょうか?
    恋のライバルが出現した位で精神に異常をきたしていては少女マンガの世界はとっくにワルプルギスの夜を迎えてますww

    次回予告絵は天杉貴志氏。
    P2200056.jpg
    ( 2011/02/19 23:55 ) Category 未分類 | TB(1) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    この記事のトラックバックURL
    http://lolithnet.blog136.fc2.com/tb.php/112-409a84a6

    魔法少女まどか☆マギカ 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る ●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンからの補足、もちろんアニメの感想 ...
    FC2カウンター
    Get Together! Access!!
    プロフィール

    かねこ

    Author:かねこ

    カレンダー(月別)
    09 ≪│2017/10│≫ 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。