スピンモスキート

最近はめっきりフィギュア製作のことばかり。バトスピやりたい!お金無い!!

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    第25話「帰って来たあいつ! 魔導双神ジェミナイズ」 


    ユースがデュックに負けたことにより、ルガインたちは領地を追われることに。
    ファミリー大集合です。
    P3060112.jpg

    P3060113.jpg

    ルガインは尊敬していた父の仕打ちに落ち込みを隠せない様子。
    ママ「しっかりし!一家の大黒柱が後ろ振り返ってどうすんのんや?国みたいな厄介なもんのうなって、いっそサバサバしたやないか」
    P3060111.jpg

    ママの言葉に後押しされ、元気を取り戻すルガイン。
    ちなみにずっとママ、ママ言ってましたが"シーマ"って名前だったり。

    そしてルガインたちはどこ行く当てもなく旅にでます。
    かねこ的にはキャンサードを取り戻し、デュックにバトルを挑む展開を希望。


    一方、無事本部と合流できたソフィア号の面々。
    クラッキーは帰還早々、傷ついたソフィア号を前に泣き崩れます。
    P3060114.jpg

    そこに現れるプリム。
    プリム「大丈夫だよ、艦長。あたしがメカメカっと修理しちゃうから☆」
    P3060115.jpg

    せっかくだからと改造すべきと進言します。
    マニキュレーター、ドリル、ブースター、キャノンと改造というより新規造船のレベル。
    P3060116.jpg
    もちろんクラッキーに却下されます。
    クラッキー「NO!僕のソフィア号を勝手に改造しないでくれたまえ!!」
    魔族の攻撃に無力だった点をかんがみればこれくらいはあったほうがいいと思うのですが…


    こちらはダンバロ。
    未だ傷の癒えないバローネをダンが見舞います。
    互いを気遣うダン&バローネ。
    P3060117.jpg

    ダン「無理するな」
    バローネ「お前もな」
    すっかり仲良しさんです。
    P3060118.jpg


    ダンは腕の状態をゾルダーに診てもらいます。
    ゾルダー「気楽に俺をよびだすんじゃねぇ!」
    P3060120.jpg

    P3060119.jpg
    といいつつ、しっかり診てあげるゾルダー。
    あらあら、ウフフ、ダンさんモテモテ☆

    当分バトルは無理だと言うゾルダーに対して、「時間が無い」と焦りを見せるダンさん。
    ゾルダー「その腕じゃドローもできねぇ、あきらめて養生しな」
    ドローすらままならない程の傷だったとは…デュックのドSっぷりに感服ww

    それでも戦うとゴネるダンさん。
    そこにカザン長官から通信が入ります。
    カザン「馬神ダンと四ノ宮まゐ、格納庫に来てくれ」
    P3060121.jpg

    とうとうあの男の登場ですね!!
    カザン「人類軍の中で凄腕の情報部員を紹介しよう」
    P3060122.jpg

    クラッキー「なんか、ワイルドなひとだねぇ」
    あまりの変わりっぷりにまだ誰も気付いていない様子。
    P3060123.jpg

    秀人「久しぶり!なかなか来てくれないからこっちから来ちゃったよ」
    秀人kターー!!
    P3060124.jpg

    久しぶりの再開に昔のように振舞う面々。
    最近は大人っぽさが強調されていたのでこういうシーンを見るとなんだか安心しちゃいます。
    P3060125.jpg

    ダンの怪我に気付いた秀人。
    秀人「なるほど、このくらいの怪我なら僕が治してあげるよ」
    P3060126.jpg

    P3060127.jpg

    世界各地を旅し、さまざまな修行を積んでいた様です。
    針治療まで会得していたとは…すっかいたくましくなっちゃって!
    P3060128.jpg
    秀人「コレで良し、腕を動かしてみて」
    ダンさん「痛くない!?」

    そんな二人を傍目に浮かない顔のまゐ。
    ダンがまた無茶をするのではないかと心配なようです。
    P3060129.jpg

    ここで秀人はジェミナイズを疲労します。
    秀人「魔導双神 ジェミナイズ。ふたご座の十二宮Xレアだよ」
    P3060130.jpg

    せっかく秀人が十二宮Xレアを手に入れてくれたのに自分はデュックに奪われてしまったと責任を感じるダンさん。
    ダンさんの焦りを見抜いた秀人はダンさんにジェミナイズのテストと称しバトルを挑みます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ここでチェックポイント。
    今までだったらジェミナイズはダンが使う展開になるはず。
    しかし、今回は秀人が使用。
    ということは秀人のデッキが青黄の混色になって、今後もバトルをする可能性があるということではないでしょうか!?
    あとはバトル後に
    秀人「これは君が使うべきだ」
    などと言わないことを祈るだけ!!
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    カザン「カードバトラー同士、旧交を温め合うのはバトルが一番という訳か」
    ユース「そういうものなんですか?」
    ゾルダー「おうよ、拳と拳でガチでやりあうのが男同士の会話っってもんだぜ」P3060133.jpg

    P3060134.jpg
    なぜか当事者達より張り切るゾルダーww


    初ターン、秀人はエルギニアス&キキーモラを召喚。
    やはり青黄で来ました。

    秀人「なつかしいなぁ、ダン君とこうしてバトルするの」
    ダンさん「俺もだ」
    P3060135.jpg

    秀人「あれからバトルすることもほとんど無かったし…」
    ダンさん「硯…」
    秀人「だって僕達、普通にバトルできる空気じゃなかったろ?」
    何やら含みのある表現ですが、とりあえずバトルは進みます。


    ダンさんも秀人同様、ウィニーを召喚。
    秀人に2ダメを負わせます。

    それにしても、数ターンが経過し互いに0&1ウィニーしか召喚されない状況。
    せっかく秀人の初バトルなのに、盛り上がりに欠けます。

    ここで先ほどの"含み"の真相が明らかに。
    異界王を倒し、世界の異変を止めたダンさんたち。
    一時期は"6人の光の戦士"などと祭り挙げられていました。
    P3060137.jpg
    秀人「それまで僕を持ち上げてくれていた連中も僕を持ち挙げてくれて…」

    しかし、それも束の間。
    一部の大人たちの都合や、異界王信者達に化け物呼ばわりされるようになります。

    ここで意味も無くアイキャッチ。秀人、素敵☆
    P3060138.jpg


    しかし、そんな不遇の対応に対してダンさんは
    ダン「異界王がみんなに植え付けた希望を、俺がこの手で打ち砕いたのは事実だ…」
    一般人の中には"世界を救う"と言っていた異界王を倒したダンさんのことを許せないという人もいます。
    事実はダンさん達以外知らない(一部の人間によって化け物扱いされているため伝えることも出来ない)ため、いらぬ誤解が発生しているようです。
    P3060139.jpg


    ダン「自分の責任のような気がして、じっとしていられなかったんだ…だから俺と勇貴は!!」
    P3060140.jpg

    ダン「勇貴は俺のせいで…」
    どうなったの?勇貴がどうなったの!?教えてダンさん!!
    P3060141.jpg

    しかし、暗い展開もここまで。
    自分は過去から逃げるように未来に来たという秀人に対して
    ダン「お前は困ってる人を放って置けないから来た、本当はそういう奴だ」
    一気に気合が入ったダンさんはライジングアポロを召喚。
    【光芒】を持つスピリットを回復させるグレムリーを指定アタックします。
    P3060142.jpg

    秀人「ずいぶん用心深くなったね」
    ダン「硯秀人が相手だからな」
    ようやく明るい方向に向いてきました。
    P3060143.jpg


    それに応えるように秀人もジェミナイズを召喚します。
    秀人「創造と破壊、二つの顔を天空の魔術師、魔導双神 ジェミナイズ召喚」
    P3060145.jpg
    ↑どことなくマミさんww

    秀人はそのままアタックし、サジッタフレイムを使用。
    そしてジェミナイズの効果により、ホワイトポーションをノーコストで発動。
    P3060146.jpg

    既に周知の強力効果にクラッキーも感嘆の声を上げます。
    クラッキー「すばらしい!!ふたご座のXレアはマジックを操るのか」
    P3060147.jpg


    ピンチに陥るダンさんですが、何食わぬ顔でグラストラップを使用。
    このターンをしのぎます。

    ダン「なんだか今日はお前の手のひらの上で踊らされているような気がする」
    秀人「気のせいさ」
    どうやら秀人はダンさんを元気づけるためにこのバトルを仕掛けたようです。
    P3060149.jpg

    ダンさんのターン。
    かねこのメインブレイブでもあるスピニードハヤトを召喚しライジングアポロにブレイブ。
    そのままジェミナイズを指定アタックし、ハヤトの効果で回復。
    秀人のライフを0にします。
    P3060150.jpg


    ダン「こういうバトルもいいな」
    秀人「いつでも相手するよ、バトルフィールドにいるほうが素直に話せるってのは相変わらず見たいだし」
    秀人の粋な計らいでダンさんもすっかり元気を取り戻した様子。
    P3060152.jpg

    そこに現れるゾルダー。
    ゾルダー「お前、スジがいいな。どうだ、俺のセンチュリオンに入らないか?」
    秀人「センチュリオン?」
    P3060153.jpg
    筋トレ3時間、走りこみ5時間、バトル7時間のハードスケジュール…
    いくらなんでも1日15時間のトレーニングはやりすぎじゃ…肝心のデッキを作る時間も考慮されてないしww

    "団体行動は苦手"と断る秀人ですが、ゾルダーが勇貴の生まれ変わりとしって仰天。
    P3060154.jpg


    そして居眠りをしている剣蔵の元にバローネの遺伝子の調査結果が。
    ステラ「バローネのゲノムの解読結果が出たわよ。100%ヒトゲノムと一致してるわ」
    剣蔵「…ということは!?」
    ステラ「魔族は人間と同じ生物ってこと」
    P3060155.jpg

    P3060156.jpg

    といわれても今の時点では正直???といったところ。
    何者かに改造された存在、とかそういう流れになっていくのでしょうか?
    元々人間と同じだから地球に取り残されたとすれば、マギサの"すべてはあるべきところに帰る"という言葉にもうなずけますが…

    次週は登場人物たちに進展がある様子。
    どういう方向性で固まるのか楽しみです。
    スポンサーサイト
    ( 2011/03/06 22:12 ) Category アニメ:バトスピブレイブ | TB(0) | CM(0)
    FC2カウンター
    Get Together! Access!!
    プロフィール

    かねこ

    Author:かねこ

    カレンダー(月別)
    02 ≪│2011/03│≫ 04
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。